あさかのCSA へようこそ!

あさかのCSAは、福島県郡山市、須賀川市を中心に活動する生産者と消費者のコミュニティです。

CSA とは
community supported agriculture の頭文字をとったものです。日本では「地域支援型農業」と呼ばれています。

あさかのCSAは
本来は、消費者が前払いで生産者に作物の購入費を支払うのがCSA のスタイルですが、あさかのCSA では、それぞれの家族構成などを鑑みて、定期購入に限らずにそのつど、会員が必要とするときの一回限りの購入も出来るスタイルで2019年6月よりスタートしました。

2011年3月の原発事故後にそれぞれの生産者が重ねた苦労はここには書ききれませんが、顔の見える関係で今後もお互いが一緒にこの地域を守ろうと歩み寄り、50回を越える取り組みを成し遂げてきました。

欲しいものを欲しいだけいつでも買える日本の消費スタイルを少しだけ変えて、生産者と消費者が共に学び会えるコミュニティがここにあります!

CSAに参加する上で知ってほしいポイントは以下の点です。

1.消費者が野菜の代金を前払い
消費者は1年間の前払い契約を生産者の方と結んでいただきます。 これにより生産者は、種や苗、生産資材を計画的に購入し栽培することができるため、消費者の求めるより安心で質の高い農作物を提供しつづけることができるのです。

2.消費者が生産者と共にリスクを負う
1の内容の通り、消費者は生産者に代金を前払いすることで、運営リスクを共有します。そのため、天候等の影響で収穫数が減ってしまった場合にはお届けする品数が減少する可能性があります。共にリスクを共有し、共に安心な食べ物を作っていくことがCSAの大きな特徴です。



ともだち登録募集中! あさかのCSAの最新情報、今週のCSAやお野菜情報が分かります!!

生産者のみなさん

安ゑびす顔百笑
森 文男

土の命をあなたに
自家製ぼかし肥料 もみがら堆肥 ミネラル貝化石などをゆっくり一生懸命土をはぐくんでいます。
心と体の健康のために、太陽の光と大地の息吹をたっぷり浴びて育ち《命のエネルギー》と《愛情》がいっぱい詰まった野菜を食べてください。


アズちゃん農苑
小豆畑 守

夢の国の元住人が、夢の里を創る為、秀明自然農法(完全無施肥•農薬不使用、自家採種)による野菜や米、果物、煎餅•あられ等の加工品を手掛けています。 日本三大鉱物産地の一つであり、東北に於ける自由民権運動発祥の地、又、平安の女流歌人、和泉式部生誕の地でもある“桜谷”と呼ばれる福島県石川町。その北西部標高約350メートルの中山間地。 “農業の芸術”、秀明自然農法を通して、真の安全•安心を追求し、土や自然の偉大さ、神秘、奥深さを感じながら、農に学び、農に遊び、農を楽しみ、農を愛する生き方を、一人でも多くの人たちと共有し、誰もが健康で幸福に生きられる世の中を目指し、日々祈りながら、土にまみれています。


ハッピーファーム 
安田 潤一

きのこは本来、人間の身体のバランスを調整する食物として、昔から食べ続けられてきたものです。ハッピーファームではきのこが健康で元気においし育ってくれれば、それを食べる私たちも健康で生き生きとした毎日、つまり幸せな暮らしをおくって貰えるのでは?と考え独自の栄養源をバランス良く使い、完熟したなめこ本来の、旨味を充分引き出しまごころをこめて栽培しています。また、ハッピーファームの栽培には、農薬等の人の身体に害を及ぼすものは一切使用しておりません。


社会福祉法人こころん

こころんは、障がい者支援を軸足に農業や養鶏、食品加工・販売といった6次産業化を進め多角的な事業展開をしています。こころんが運営する「こころんファーム」で、化学肥料を使わない、無農薬の野菜栽培をしています。有機栽培野菜のおいしさに共感するお客様も次第に増えてきました。これからも、私たちの生命と直結する「食」を大事に、安心で安全な食べ物をお届けできるよう頑張っていきます。泉崎村内にある約1.5ha(ハウス2棟)の農地管理は、こころんの就労移行支援、就労継続B型の利用者とスタッフが行い、作付け品目は約50種類。こころん養鶏場の鶏ふんを使った自家製堆肥による土作りや、自分たちで作った温床を用いた苗作りなど農薬を使わない野菜作りに取り組んでいます。

Hitomi倶楽部

自然農法を始めて7年目を迎えます。
水稲と大豆と小麦を中心に作付けしています。現在、農薬・化学肥料不使用栽培で育てた大豆を使って作られた納豆、豆乳を販売をしています。

大豆の品種は、すずゆたか 豆腐・豆乳は秘伝を使用しております。大豆本来の味をお楽しみ下さい。

福島は、原発の放射能問題で昨年から大変な状態ですが、私の農地や作物は今の所安全な数値です。風評被害が深刻ですが、農家の高齢化の問題も深刻で作付け放棄地が増えております。今後は、そのような土地を再利用して少しでも耕作放棄地を減らしていけたらと思います。


株式会社agrity

野菜は農薬を使わない農法によって作られています。 土壌分析等の化学的な方法から地域の伝統的な農法を融合させた土づくりにこだわり、幼苗から野菜と対話することで病気や害虫に負けない、健康でたくましい野菜に育て上げました。 四季折々の季節が生んだ野菜の本来の味を、存分にご堪能ください。


モリノヤサイ
森 大輔

ゆったりと作物と向き合いながら、永続的に生き生きとした作物をお届けします。